福島県の医療、福祉にたずさわる団体への助成活動を行っております

遠藤医療福祉助成財団とは


目的

 遠藤医療福祉助成財団は、福島県内の医療機関および社会福祉施設への助成を行い、もって医療および社会福祉の充実に寄与することを目的としています。



事業

 遠藤医療福祉助成財団は、その目的を達成するために福島県において次の事業を行います。
(1) 医療機関の医療設備及び運営に関する助成
(2) 社会福祉施設の整備及び運営に関する助成
(3) その他、目的を達成するために必要な事業



概要

名 称公益財団法人 遠藤医療福祉助成財団
所在地〒969-1203 福島県本宮市白岩字田中225番地8
電話番号0243-44-3005
設立日昭和61年 4月 2日
設立者遠藤 輝雄
基本金5億円 (平成24年5月現在)
 (設立時 2億円)
設立許可福島県指令医第119号


設立者

初代理事長 遠藤輝雄
近影(昭和63年3月)
〜遠藤医療福祉助成財団 設立趣意書より〜
 人口構造の急速な高齢化に伴う疾病構造の変化、医療技術の進歩などにより医療需要は増大、多様化の一途をたどっています。この多様化した医療需要に対して医療機関の人的、物的資源は充分適応しているとは言えません。この様なことから医療機器の高度利用、医療設備の充実、医療情報システムの整備並びに医療従事者の拡充が医療供給側の重要な課題になっております。
 また、高齢化社会に伴う老人福祉の充実及び心身障害者のための福祉の充実もこれからの日本の社会で重要な施策になりますが、これに対応する財政的裏付けもかならずしも充分ではありません。
 このため、福島県下における医療機関の医療設備などの整備充実、社会福祉の拡充のため財団法人 遠藤医療福祉助成財団を設立し、これらの施策のため資金的援助をし、医療・社会福祉の政策の一助になるための事業活動をしたいと考えております。












あなたは
人目の
訪問者です

〜 since 2010.4.1 〜